FC2ブログ

日本舞踊の今昔

2018年7月30日 (月)
神戸新開地 喜楽館

日本舞踊の今昔
出演:若柳 吉金吾 / 花柳 芳圭次 / 花柳 五三輔 他
ご案内:桂 吉坊

開演:18時30分〜

“普段着の日舞”喜楽館で上演 舞踊家・若柳吉金吾さん

wakayagikichikingo.jpg
「あんまり上等にならず、わちゃわちゃ面白い場所になってほしい」
と語る若柳吉金吾さん=神戸市中央区           






(以下神戸新聞NEXTより)
 日本舞踊家、若柳吉金吾(わかやぎきちきんご)さん(71)=神戸市中央区=らが出演する「日本舞踊の今昔」が7月30日、同市兵庫区・新開地商店街に同11日開場する上方落語の定席「神戸新開地・喜楽館」で上演される。多彩な芸能を発信する夜席のこけら落とし公演。高尚な伝統芸能と思われがちな日舞だが、吉金吾さんは「生活に溶け込んでいた時代の雰囲気を再現したい」と意気込む。(松本寿美子)

 「今は大舞台での発表ばかりだけれど、昔の日舞は料理屋やお座敷で楽しんだり、上手下手に関係なく親戚が来ると孫娘や隣の奥さんが踊ったりしたんですよ」

 そう懐かしむ吉金吾さんは、212席の喜楽館を「舞踊家にとって公演で利用しやすいサイズ。お客さんの顔色を見ながら踊れるのも幸せ」と歓迎する。

 三木市生まれ。物心がつく前に父と生き別れ、母親も12歳で亡くしたが、神戸には温かな記憶が残る。「三木からの終着点だった新開地辺りは憧れの街。湊川に母の行きつけの美容院があり、人生初のポタージュスープを飲んだのは新開地の洋食屋さんだった」と笑う。

 母の他界後間もなく神戸の舞踊家藤間緑久寿(ろくじゅ)さん(故人)の内弟子に。妻の父、初代若柳吉金吾の名を1979年に継ぎ、日舞界の振興に尽くしてきた。

 上方落語復興の立役者、桂米朝さん(故人)とも親交があり、手元には米朝さんが「建仁寺ぬけてみようか蝉しぐれ」としたためた直筆の扇子も残る。「『自分は噺(はなし)家で芸術家やない』という話をされ、ご贔屓(ひいき)さんを大事に思われていた。私も舞踊家でいたい思いは同じだった」と振り返る。

 公演では若手落語家、桂吉坊さんの司会進行で、吉金吾さんと花柳芳圭次(はなやぎよしけいじ)さん、花柳五三輔(いさすけ)さんによるトークと、若手ら7、8人が短い演目を披露する。

 「季節柄、みんな浴衣で出演し、お座敷の宴会前のような雰囲気にしたい。日舞って気軽なものなんだ-と知ってもらいたいですね」

 午後6時半開演。前売り3千円、当日3500円。チケットぴあTEL0570・02・9999(Pコード597-410)
nihonbuyounokonjaku.jpeg





若柳会

二代 若柳寿童 生誕百年祭 若柳会

[ 開催日 ]
2018年7月29日(日)
[ 会場 ]
大阪松竹座
[ 時間 ]
午前10時30分開演(午前10時開場)
[ 入場料 ]
8,000円(自由席)
[ 主催 ]
若柳流宗家

お問合せは、若柳流事務局まで
TEL.075-611-1234
Email info@wakayagiryu-souke.jp

wakayagikai_01.jpg

wakayagikai_02.jpg

夏休み文楽特別公演

国立文楽劇場

2018年7月21日(土)~2018年8月7日(火)
第1部 【親子劇場】 午前11時 (1時20分終演予定)
第2部 【名作劇場】 午後2時 (5時40分終演予定)
第3部 【サマーレイトショー】 午後6時15分 (8時40分終演予定)
※7月27日(金)と8月4日(土)の第1部は貸切です。あらかじめご了承ください。

第1部 【親子劇場】 午前11時開演
木下順二=作 二代目野澤喜左衛門=作曲
瓜子姫とあまんじゃく(うりこひめとあまんじゃく)

解説 文楽ってなあに?

増補大江山(ぞうほおおえやま)
 戻り橋の段


第2部 【名作劇場】 午後2時開演
卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)
 平太郎住家より木遣り音頭の段

大塔宮曦鎧(おおとうのみやあさひのよろい)
 六波羅館の段/身替り音頭の段



第3部 【サマーレイトショー】 午後6時15分開演
新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)
 野崎村の段

近松門左衛門=原作 鶴澤清治=補綴・補曲
日本振袖始(にほんふりそではじめ)
 大蛇退治の段

IMG_6986.jpg

IMG_6987.jpg



料金:【全席均一】 4,700円 (学生 2,400円 ・ 子供(18歳以下) 1,900円)

国立劇場チケットセンター (午前10時~午後6時)
TEL. 0570(07)9900
TEL. 03(3230)3000 〔一部IP電話等〕

インターネット購入
 パソコンから     http://ticket.ntj.jac.go.jp/
 スマートフォンから http://ticket.ntj.jac.go.jp/m

H3007arasuji_omote.jpg

H3007oyako_omote.jpg

H3007arasuji_ura.jpg




古和楽器供養法会

毎年7月7日は楽器供養の日です。
今年は豪雨の影響で日時が変更されましたが無事供養することが出来ました。

壊れてしまった楽器や使う人がいなくなった楽器。
ゴミとして処分するには忍びないと思う方は多数おられます。
今回が11回目となりました古和楽器供養法会も年々お預かりする楽器が増えてまいりました。
それはそれでいいのですがそれ以上に邦楽に興味を持ち楽器を手にする人が増えることが重要なのであります。
それはつまり邦楽、古典芸能を途絶えさせないためのバロメーターともいえます。

我々和楽器を扱うものにとって古い楽器を供養するのも大事なことですが新しい楽器を生み出しそれを演奏する人と出会うこともとても大事なことなのです。

習い事に年齢など関係ありません。
思い立ったが吉日です。
ぜひ和楽器にトライしてみてください!

IMG_6939.jpg

IMG_6942.jpg

第29期文楽(太夫・三味線)研修生 募集

第29期文楽(太夫・三味線)研修生 募集

募集期間:第1次募集 平成30年8月28日(火)から 10月4日(木)まで第2次募集 平成31年1月 4日(金)から 2月4日(月)まで〈いずれも応募書類必着〉

応募資格:中学校卒業(卒業見込みを含む)以上の男子で、原則として年齢23歳以下の方。

お問合わせ・応募先
独立行政法人日本芸術文化振興会 国立文楽劇場 企画制作課養成係
〒542-0073 大阪市中央区日本橋1丁目12番10号
TEL 06-6212-5529(直通) 午前10時~午後6時(土・日・祝・12/29~1/3を除く)

文楽研修生募集01

文楽研修生募集02